So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お笑い(落語) ブログトップ
前の10件 | -

盛夏吉例 圓朝祭@有楽町よみうりホール 7/15 [お笑い(落語)]

猛暑の中、11時開演って、どうかしてます。(笑)
4時間の長丁場、聴いてきまた。

権太楼さんと円楽さんは初めてでした。
歌丸さん、聴けなかった。一回聴いてみたかったなあ。

白酒さんのまくら、池袋演芸場の場所から、東口と西口の話、
そんなに言わなくてもねえ。(笑)
寄席では60%の力でって、ちょっといいねえ、聴いてみたい。

utiwa2.png
banngumi.png
nice!(2)  コメント(0) 

春風亭一之輔のドッサりまわるぜ2018@有楽町よみうりホール 7/7 [お笑い(落語)]

始めに私服でおしゃべり。
有楽町よみうりホールでの独演会は特別に思っているらしく。
”お客さんは何の気なしにチケット取っただけでしょうけど。”って、
この会場、大きいから気合入るんですかね?一之輔さんでも。
遅れてきた最前列の人に話しかけるのに、ステージから降りてきて。
どこから来たんですか?って誰の真似?(笑)
降りたはいいものの階段ないから、「どうやって上がるの?」って
プロレスのリングに上がるように転がりながら戻っていきました。
意外と身軽な。
歌丸さんが亡くなったこともチラリ。
二つ目のときに笑点のBSの若手バージョンに出たことがあるそうです。
そのときのことは三途の川に流そうって。
浜松名物、お菓子のあげしお。
美味しいって宣伝したら(まあ、いろいろ紆余曲折ありつつ)、
送ってくれたって。催促したんじゃないのにって。
芸人はシャレっぽく言うけど、本音も入ってるんじゃないの?(笑)

古今亭駒次 鉄道戦国絵巻
初めてです。この人電車ネタで有名なんですか?
知らなかったですが。お客さんが「おーっ!」って言ってるので。
東急電鉄の路線を中心に、電車を武将に見立てた噺。
気合入ってました。

一之輔 短命
旦那さんがすぐ亡くなる理由をあれこれ予想する。
これ人によって違う感じになるんですねえ。
一之輔さんのも面白い。

一之輔 七段目
浅草演芸ホールに来るおじいさんおばあさんの生態をチクリと言ってから。
芝居好きの若旦那と丁稚のやり取り。
歌舞伎口調の一之輔さん、うまいねえ。
落語家ってこういうのもできるんだ。

中入り

一之輔 愛宕山。
4月30日、小学校4年生の次男と高尾山に行った話。
パピコ買ってあげるからって誘って、朝から出かけて。
高尾山、子供はさっさと登って、アイス買ってって。(笑)
帰り道も先に行って、待っているときに「俺の靴下が落ちていた」って。
「こんなとこに落ちているわけない」「絶対俺のだ」って
ポケットにねじ込んで持って帰ってきて。
ミラクル?!が起きていたっていう、まくらから。
ショートバージョンなのかしら?
まあこれだけ面白いまくら話したら、落語はあっさりめなのかもね。

堪能しました。

nice!(2)  コメント(0) 

五街道雲助 春風亭一朝 柳家小里ん@日本橋公会堂 7/4 [お笑い(落語)]

盛夏「雲一里」。
一文字ずつ取って、シリーズ化してるんですかね?
3人とも初です。楽しみにしてました。

開口一番は駒六さん 強情灸
シュっとした感じの前座さんでした。
さわやかに?元気よく。

一朝さん 蛙茶番
まくらで歌舞伎の舞台に笛で上がったことがあるそうで役。
笛もプロなんですね。
役者より先に声が掛かって、笛の師匠に嫌味を言われたそうです。
一之輔さんの師匠、一回聴いてみたかったんですよね。

この噺は初めて聴きます。
素人芝居のお客を見張る役舞台番の半ちゃんが来ないから
小僧さんが呼びに行く。
ふんどし自慢とかなんとかっていう噺。
なんか品が良くて(ふんどしで上品もないでしょうけど^^;)、
明るい雰囲気、一朝さん好きです。

雲助さん もう半分
怪談話、昔から夏は寄席でもよくやるようで。
場内の照明も薄暗くして雰囲気出して。
この噺も初めて聴く。
夫婦2人でやってる煮売りや(居酒屋のもっと簡単なお店)の常連の
貧しそうなおじいさん。
いつもお椀に半分お酒ついでもらって。
そのおじいさんがある日忘れ物。それが小判。
夫婦がしらをきって小判を盗って、あげくおじいさん殺されちゃう。
その夫婦に子供ができて、ってとこまで聞いて、
え、この夫婦そんなに若かったの?
雲助さんの話し方で、もっと中年の夫婦かと思った。
貫禄つけすぎです。
怪談です。ぞっとしました。
雲助さんは白酒さんの師匠。
ワルそうなところが共通してる感じ(笑)。

小里んさん 子別れ(通し)
小里んさんは初めてです。
子別れは何度か聴いたことあるけど。
大工の熊さんが酒に酔ってるのと、ご隠居さんとの会話、
ろれつが回らない酔ってる人と、ちゃんとしてる人の切り替えが凄い。
上手いひとなんですねえ。



nice!(2)  コメント(0) 

柳家三三 独演会@文京シビックホール [お笑い(落語)]

三三さんの独演会は久しぶりかも。

開口一番は柳亭市楽。市馬さんの弟子。
紀州。
初めて聴いた噺。徳川の将軍、誰が継ぐ?ってことになって
吉宗が継いだってこと。
間に雑談入れ込んでました。

三三 茶の湯
市楽さんのときめくりが白紙で名前が出てなかったの、気づいたのか
三三ってなってるの、一回戻して、市楽をお客さんに見せてから三三に直してて。
そういうとこお茶目です。
まくらでテレビのナレーションの仕事やってきたそうで。
テレ朝のお願いランキング。明後日木曜深夜24:55から放送だって。
朝9時から収録で、サッカー見たかったけど、寝ぼけた声になると
困るから早く寝たそうです。
三三さんの茶の湯、狭い会場だったからか、顔芸が良かったなあ。

中入り後
鏡味仙成 太神楽曲芸
若くてカッコいいお兄さんです。21歳ですって。
中学生でこの道に入るって決めたそうです、凄いね。
傘のとか、棒の上に茶碗とか重ねていくのとか。
芸が凄いんだから、喋りでも笑わせたりするともっと感動するかもね。

三三 不動坊
去年の夏も聴いてた。一層面白くなってる気がする。
風呂屋のくだりとか、あんこ買ってきちゃって、もめるあたりとか最高です。








nice!(3)  コメント(0) 

三三 左龍 二人会@内幸町ホール 6/17 [お笑い(落語)]

梅雨だけど雨は降ってない日曜日。
最初の2人のトークは、三三さんが会のパンフを作成して、コピーして持ってくるんだけど、
新宿のコピー屋さんでセルフでコピーしようとしたら、ことごとく紙詰まりで
うまくゆかず。
(そういえばいつもより光沢のあるツルツルした紙でしたねえ)
19時開演なのに、18時にはまだ新宿の南のほうにいたとか。
店員さんがやってくれたらうまくいったそうで。なんとか間に合ったと。
三三さんはわりと時間ギリギリでも慌てないタイプだそうです(笑)。

ひしもち 転失気
ひしもちさん、三三さんの紹介では、マイクのような体形だって。
出てきたらその通り、顔が小さくて、なおかつ細い。でも元気です。

左龍 がまの油

三三 小田原相撲
初めて聴いた。三三さん相撲好きだったんだね。
昔のいろんな力士の名前出してたよ。
悪い奴を最後には懲らしめるって話。

中入り

三三 やかん泥
まぬけな泥棒の噺って多いんだ。

左龍 祇園会
江戸と京都の張り合い
京都弁の柔らかいけど憎たらしい感じ、うまいねえ。


nice!(3)  コメント(0) 

よってたかって春らくご ’18@よみうりホール 4/29 [お笑い(落語)]

快晴のゴールデンウイークに、よみうりホールで落語。

ひしもち 元犬
元犬は三三さんのを何回も聴いているものだから、どうしても
比べちゃうよねえ。可哀そうだけど。

三三 締め込み
泥棒に入られた家の夫婦喧嘩を泥棒が止める噺。
おかみさんの小言っていうか啖呵っていうか、
三三さんの流暢なセリフが気持ちいいねえ。

萬橘 看板のピン
萬橘さん、ポッドキャストで声は聴いたことあったけど初めて。
いつも喋る気なさそうだけど、ちゃんと考えてる人ってイメージだったけど。
まくらでいろいろ喋ってたなあ。
普段も着物着てて、格闘技見に行った時も着物。
珍しいからか、待ち合わせの目印にされたって。
タクシーの運転手さんの名前が磯野〇平さんで、思わず顔見ちゃったとか。

一之輔 百川
まくらでセクハラの話してた。
芸人のおじいさんでもいるけど、次官と知事を足して3で割った感じで
薄いんですって。男は馬鹿だから仕方ないって。
一之輔さんのなまりのある抱え人がおかしくて。
真面目そうでとぼけた人。こういうの抜群に面白い。

中入り

きく麿 寝かしつけ
桃太郎の替え歌です(笑)。

白酒 明烏
まくらで毒づいてましたねえ。一之輔と違ってテレビに出ないから好きなこと言えるって。
池袋演芸場で引かれたって言ってましたから。
最近三三さんの聴いたけど、甘納豆同じです。


nice!(2)  コメント(0) 

三三 左龍 二人会@内幸町ホール 3/18 [お笑い(落語)]

日曜日の夜に落語。

オープニングで2人羽織を着ないで座るの、ちょっと可愛いです。
2人が初めて出会った日にちと時間まで覚えてるって話を。
三三さんは18だったから、左龍さんから見たら、すごく若くて。
左龍さんは怪しいバイトとかしてたから、目つきが悪かったそうです。

小ごと 道灌。
声大きかったなあ。いいと思います。

三三 幇間腹。
暇な若旦那に無理やり針打たれちゃう可哀そうな幇間。

左龍 王子の狐。
狐が人に化けたのがばれてて、逆に食い逃げされちゃった噺。

中入り

左龍 松山鏡
鏡を見たことがない田舎の夫婦。
親孝行のご褒美に死んだお父さんに会いたいって願いに
鏡をもらって、夫は自分の顔見て、親父に会えた。
妻は鏡見て、女がいるって。
そんなことあるの?

三三 穴泥
たまたま入りこんじゃったお屋敷に誰もいなくて
ごちそうが残ってて。飲み食いしてるうちに酔っぱらっちゃって。
そしたらどこからか坊がよちよち。
穴に落ちちゃったその人を、なんとか捕まえたい主。
酔っ払いの噺って楽しい。

4席中3席初めて聴く噺。

nice!(2)  コメント(0) 

三三 一之輔二人会@渋谷さくらホール 3/7 [お笑い(落語)]

さくらホール、いつ行っても坂ツライ。
大好きな2人だから嬉しい。

開口一番 志らくさんのお弟子、らく兵 強情灸
大きい灸をすえても熱くないって頑張る噺。
熱いって芝居、顔が赤くなるほど、熱演。

一之輔 鈴ヶ森
まくらでオリンピックの盛り上がりに毒づき、
岡山の喫茶店でファンにサインを求められるが
周りに”誰?”って顔されてツラかったとか。
一之輔さんの鈴ヶ森初めて。
子分のおバカ加減がすごかったなあ。
手つないじゃう泥棒って!(笑)

三三 明烏
一之輔さんがちゃんとした落語はこのあと聴けますって言ってたから。
まくらもほぼなく明烏。
三三さんのは最後に甘納豆食べ食べの。
良いです。

中入り後
三三 しの字嫌い
理屈っぽい奉公人を困らせようと、”し”を言わないように命じる主人。
初めて聴いたなあ、これ。

一之輔 子別れ
子別れやるんだ、って感じ。
なんか一之輔さんに、こういう人情ものイメージ、湧かないけど。
子供のツッコミっていうか、切り返しが生意気で面白い。
お母さんの叱るところはちょっと泣ける。
へー、なかなかやるなあ。
nice!(2)  コメント(1) 

喬太郎+文蔵+扇辰 噺小屋スペシャル!@銀座ブロッサム 2/13 [お笑い(落語)]

この三人がいっぺんに見られるならお得と思って。
銀座ブロッサム初めて行きました。東銀座からちょっと歩く。
こんなところにねえ。知らなかったです。

開口一番は文蔵さんの弟子、かな文さん。
やかん。早口で講談まくしたて、よく口がまわること。

扇辰さん。まくらで、まだ他の2人は来てませんってばらしてました。
かな文に長くやれって言ったのにって。
スイカは便利だねって話から
紫檀楼古木
キセルを修理する職人と御新造さんとお手伝いさん。
扇辰さん、女性を演らせたら上手いですね。
お手伝いさんのちょっとズルいようなだみ声と御新造さんのちょっと粋な感じ。

文蔵さん、オリンピックが盛り上がらないと思ったら
お金賭けてないからだって。100円でも賭けてれば盛り上がるのにって。
ボソっと言うところが良いねえ。
化け物使い。
これNHKで見たわ。誰のだったかなあ?
文蔵さんのも良かった。

中入り後
喬太郎さん、偶然か一之輔さんと同じことを。
オリンピック、平昌ってわかっているのにカナダがちらつく。
平尾昌晃のカナダからの手紙が頭にあるからだって。
ぺたりこん。
仕事のできないサラリーマンの手が机にくっついちゃう噺。

nice!(0)  コメント(0) 

春風亭一之輔 独演会@文京シビックホール 2/9 [お笑い(落語)]

このホールは駅直結で便利だねえ。

一之輔さんの2番弟子 与いち たらちめ(たらちねともいうらしいですが。)
一之輔さんの弟子っていうと、年末に、弟子の彼女からラジオに苦情のメールが来た
のを思い出しますが、その人?
大晦日、彼と一緒に過ごしたいから、師匠の家に私も行っていいか?って。
弟子持つのも大変です。この人じゃないかもしれないけど。
言葉遣いが馬鹿丁寧な嫁が来たっていう噺。

一之輔 めがね泥
これ中野で聴いた。NHKでもやってたね。
まくらで、オリンピック盛り上がってないとか、ピョンチャンって音が間抜けな感じ、
字ずらが平昌って平尾昌晃か?って。
あと雪がひどくて、福井の独演会が中止になったって。
主催者が切れ気味に電話してきたって。
真夏に延期になったそうです。(笑)
現地は笑い事じゃないでしょうけど。大変だよね。

一之輔 天災
天災はじめて聴いたかも。天災だと思えば怒らずにすむって噺。

中入り
 
ホンキートンク
漫才です。見たことあるようなないような。

一之輔 二番煎じ
これは聴いたことある。この季節にぴったりな。
火の用心の当番の旦那衆が休憩のときに、お酒と鍋を楽しんじゃうっていう。
お酒飲むしぐさ、一之輔さん上手いね、相変わらず。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お笑い(落語) ブログトップ