So-net無料ブログ作成

コンドルズ 「LOVE ME TenDER」@さいたま芸術劇場 6/18 [映画&舞台]

あ、今気がついた。
さいたま芸術劇場で10年やったから、TenDERなんだ。
気づくの遅っ。

18日夜の部観たんだけど、この日、NHKホールの追加公演のチケットも
会場で販売するっていうので、6時15分くらいかな?芸術劇場前に着いたんだけど、
そしたらあの広場のようなところで、近藤さんと石渕さんの演奏会が行われてました。
(達朗さんと有吾さんが後ろで荷物持ち&椅子の役)
うわーって観てたんだけど、あ、NHKの前売り買わなきゃって思って買って。
開場時間の6時30分まで演奏会はやってくれました。
早く来たお客さんのために、サービス精神あるよねー、優しい。

もう本編は相変わらずのカッコ良さです。
慎太郎くんと香取くんの2人のもいいし、
鎌倉さんがロープ振り回して、みんながぶつからないように動くの
慎ちゃんがギリギリを狙ったり、拓朗くんがかすってたり。(笑)
橋爪さんが顔シャープになってたり。
コントも勝山くんが蜷川さんに観てもらえなかったと悔しがっていたし、
群舞でオクダさんがちゃんと踊っているのが確認できたし。(笑)

でもやっぱりダントツ近藤さんが素敵です。
上から降ってくる学ランを掴めなくて悔しがってたのもお茶目で。
全てがカッコ良い。
love.png
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

イキウメ「太陽」@シアタートラム 5/12 [映画&舞台]

イキウメ、初めてです。
友人が見に行ったりしてるのは知ってましたし、コンドルズの慎太郎くんが
関わったりしてるのをみて、一回いってみようかと。

進化した人間が、太陽を浴びると死んでしまう体質で、
今までの古い人間は、四国に追いやられて。
2種類の人間が存在して。
どっちにも問題はあって。

映画化もされたらしいですが。
私にはあまり楽しめなかったです。
役者さんはみんな達者で、自然でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

談ス@PARCO劇場 5/7 [映画&舞台]

夜の部です。

東京凱旋公演です。PARCO劇場もなくなるって言うし。
イイノホールの時も行きましたけど、もう一回観たくて。

人間の肉体を限界まで使ったものって、感動します。
3人の凄さと信頼関係。
3人がお互い敬意と好意の両方ないと、あれはできないだろうなと思う。
ジェラシー感じますが、そんな3人が凄く素敵で好きです。

またやって欲しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

談ス@イイノホール [映画&舞台]

前回のときはチケットが取れず、断念したので今回楽しみにしてました。
SH3J00910001.jpg

まだまだツアー(って言わない?)は続くので、詳しくは書きませんが、
始まる前の諸注意は慎太郎アナウンスです。
楽しいです。

いきなり始まります。
私、幸運にも最前列だったので、ちょっと気づくの遅かったんですが、
いつの間にか未来くんがステージ下に歩いて来てました。
近くで見ると、意外にムチっとした筋肉質。もうちょっと細身かと思ってた。
次に慎太郎くん登場。割とコミカルに。
最後に声から登場。大植くん。
大植くんは初めて見ます。ちょっとした踊りがバレエっぽい。2人より大きく見える。

全くの素人の私が見ても楽しかった。
肉体、筋肉を使った動きが多い。サラッと綺麗にっていう感じじゃなかった。
たぶん擦り傷とか打ち身とか沢山あったんじゃないかな。
3人とも声が良いねえ。
最後の方、慎太郎くんと未来くんの密着系のダンスの連続、
見ててジェラシー。
極限まで体力使って、それをお互い受け止める。
3人とも素敵だった-。
見た方が良いよ。

小道具
SH3J00880001.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

小林賢太郎演劇作品「うるう」@本多劇場 2/20 [映画&舞台]

2012年2月にも観た作品、再演です。
今回は本多劇場、運の良いことに2列目。
賢太郎さんの表情もはっきり見えて。

再演だけど少し違うような。4年も前だから記憶も曖昧ですが。
おおまかなストーリーは一緒。
1人余る、よいちと、森におばけがいると言われて確かめに来た小学生のまじる。
森に居れば数を数えて、余ることを気にしなくても良いので、1人でいるよいち。
くるなと言われても、まじるが毎日来るうちに友達になってゆく。
チェロの演奏徳澤さんも、演奏だけじゃなく演者としても参加して。

じんわり感動してしまいます。


カーテンコール、あっさり終わります。
賢太郎さん本人が言っていましたが、よいちに入り込んでいて、
戻るのに時間がかかるそうです。
2時間、よいちで居続けるのですから、大変なんでしょうね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

コンドルズ「GiGANT」@新宿文化センター [映画&舞台]

新宿三丁目からちょっと歩いての区立新宿文化センター。
綺麗だけど古いのか、トイレが和式が多いという(笑)。
場所もちょっと静かそうなところで。
へー、こんなところにっていう感じ。


まず始めに小学生たちのギガンドルズ。
年齢も体格もさまざま。まるでミニコンドルズ。
一生懸命、楽しそうで、良かったね-。


本編、再演だけれど、前に見たのとは違うよ。
あの長い布が行ったり来たりするのは同じだけど、
細かいところ変えてると思う。
顕ちゃんは忙しいのか、映像と声のみ。
声のみでも存在感バッチリ。まるで舞台袖から喋っているようで。

慎太郎くんはもう人形劇コーナーでは主役級、上手すぎる。
踊りも魅せる。ジャンプしてクルクルって廻って、うわーー素敵ってなる。
拓朗くんもやっぱカッコ良い。
近藤さんはやっぱり別格。何なんでしょうねー、不思議。
走るだけでカッコ良いって、そうそう居ないよ。

平原慎太郎×スズキ拓朗 ダブルダブルダンスビル [映画&舞台]

東京芸術劇場 シアターイースト。
1/9 午後6時からの回。

拓朗くんとチャイロプリンの清水ゆりさんとの2人の
演劇のようなダンスのような、2本の信号機の恋の物語。
清水さんがアコーディオン弾きながら歌ったり、
手旗信号の拓朗くんの赤い旗がすっぽ抜けたり。
いろいろあって楽しい感じの舞台。

慎太郎くんのは、素の部分とダンスの部分の切り替えによって、
見る方を少しリラックスさせてから、ピーンと張り詰めた世界に一気に持っていく。
凄いね。
やっぱり慎太郎くんの身体能力。ジャンプの高さ、身体の柔らかさ。
目が離せなくなりました。
途中、口パクでとか、良かれと思ってとか、少し笑わせて、
また一気にラストまで。
素敵でしたねー。

アフタートークに良平さんも参加。
拓朗くんは良平さんの振り付けではカッコよく踊ってるけど、
自分の劇団では気持ち悪いって言われちゃうんだって。
慎太郎くんは年12本も振り付けしてるんだって。
踊ること好きなんだね-。

9月のコンドルズ20周年、NHKホール、行きますよ!
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

コンドルズ@東京グローブ座 8/22 [映画&舞台]

日本縦断ツアー。
”Tomorrow Never Knows”です。

取れた席が最前列で、良いんだけど、近すぎて、見える範囲が狭いの。
贅沢な悩みだけど、もうちょっと後ろの方がいいかなあ。
まあ、それでも光二郎さんのお肌がツルツルだったり、
香取くんが、前のライトに当たったんじゃないかってくらい、大きく動いていたり、
慎太郎くんのスピードが凄かったり。

さいたま芸術劇場のときのネタも何個かあったけど、
もちろん新作もたくさん。
青田さんのヨガも間近でみると凄いの。
贅肉無いし、腹式呼吸のせいか、あばらの動きが大きくて。
もちろん常人ではできない身体の柔らかさ。
慎太郎くんの人形劇の台詞回しが誰よりも自然で、役者できるよ、あれは。
石渕さんと鎌倉さんの、気持ち悪さ全開の踊りも、爆笑できて好き。
オクダさんが意外にもちゃんと踊っているのが見えた。(笑)
近藤さんはやっぱり素敵。
笑ったり睨んだり、表情も良かった。

ホント楽しかった。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ひとりでシェイクスピア@アウルスポット [映画&舞台]

コンドルズの顕ちゃん、小林顕作さんのひとり舞台。
舞台って言うか、コントって言うか。

まず、始まりが。
暗転して、舞台のライトが点いて、
BOOWYのわがままジュリエットのライブバージョンが流れ。
一曲終わるまで、舞台空っぽ、ただ音楽とライトが動くだけ。
長いなあーって思ってたら、顕ちゃん出て来て。
客入れの音楽、今まで一番長かったのが劇団☆新感線の3分何秒。
今日のは4分超えて、一番長いんだって。やりたかったそうです。(笑)

コンドルズのコントっぽい、軽い感じ。
予備校のヤンキー先生のシェイクスピアの作品覚える方法、
客にコール&レスポンスさせる。
意外に楽しいの。

アコギで弾き語り、長渕風、大友康平風、さだまさし風など、芸達者。
間に入るMCが声小さすぎて、中森明菜風?

ボツになったピンクのシェイクスピアのビデオ、どこかで流して欲しいなあ。
気になる。

結構笑えたよ、面白かった。
顕ちゃんの心臓の強さに脱帽です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

コンドルズ ”ストロベリーフィールズ”@さいたま芸術劇場 [映画&舞台]

昨日(5/30)の夜公演です。
あの地震で、帰り道、電車動いているのを探しつつ帰宅。
まったくJRはもろい。


さいたま芸術劇場は舞台が広く、奥行きがあるので、
他の劇場ではできないような演出。
まず最初に、真っ暗なところから、奥の方で慎太郎くんが
上半身裸で一人で踊っているのが見える。
その後ろにかすかな人影、椅子に座っている。
次に藤田くん、拓朗くんがあらわれては踊って消える。
みんながいなくなったら、後ろの人影は近藤さんで。
ピンクの学ランをきて、イチゴを放り投げては口で受ける。
ジューサーでイチゴジュースを作って、ごくごく飲む。

幕が下りて上がったら、学ランの案山子が並んで。
その陰からシャツ姿のみんなが踊り始め。

寸劇は幼稚園児3人、オクダさん、慎太郎くん、たつろうさん。
たつろうさんがメインって珍しいよね。
慎太郎くんの演技力が上がってて驚いた(笑)。
顕ちゃんはナレーションだけで、今回出演なし。
いそがしいのね。

今回から石渕さん、復帰。
石渕ソロコーナーでは、藤田、慎太郎、香取、有吾がバックダンサー。
もう面白すぎた。石渕さんやっぱ最高。

青田さんのヨガ影絵コーナーも凄かったなあ。
ポーズのあとに、ちゃんと間のポーズも入れるのよ。
下向き犬のポーズとか、上向き犬のポーズとか。(やってる人しかわからないか。)
上半身はぴったり折り曲げられて隙間も見えないくらいだし。
友人は”たたの変態じゃない、ヨガの達人だ!”って感心しきり。

ギタローの口パクコーナーも面白いんだけど、
最後にみんながはたくのはいいんだけど、オクダさんだけ力まかせのハリセンで
ちょっと引いたよ。あれは痛そう。

最後の方に地震があって、どうなるのかなあ?って思ったけど、
観客はちょっと”あ、”って感じになったけど、落ち着いてたので、
舞台上も何事も無かったように続けていました。
スタッフさんとかは焦ったかもね。
そんなこともあるさ。

終わった後にアフタートーク。
勝山くんが、芸術劇場のの女性プロデューサーにチクリと説教されたたのが
面白い。
”勝山くん、静岡に行ったりしてて、全然練習に参加しないからー。”とか。
”ゲネプロやらないんですよ。通しで見せてくれないんです。”とか。
まあ、ちゃんと出来上がってるから良いじゃないですか。

オクダさんのメンバー紹介の絵が、絵本風で、すごく素敵だった。
ギタローはやっぱり豚の絵で、近藤さんは2頭の犬だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇