So-net無料ブログ作成
音楽(ライブ編) ブログトップ
前の10件 | -

レキシ 不思議の国の武道館と大きな稲穂の妖精たち 10/10.11 [音楽(ライブ編)]

10月10日が稲穂の日、11日がキャッツの日。
内容を変えるっていうことだったので、両方行ってきました。


オープニングは今回のツアーの時と一緒。
映像で、せいこうさんとみうらじゅんさんの夫婦が
仏像と玉手箱を渡す、面白いやりとり。
で。KATOKUから始まるのは両日ともに同じ。
年貢for you、一日目は池ちゃんか俵を一階席の端っこの人に渡して廻してたけど
2日目、あれ怒られましたって、キャッツの日は廻さず。
イルカは2日ともたくさん飛んでました。
メドレーも稲穂の日はツアーの時と一緒で、キャッツの日は違う3曲だったよ。
2日目はセットリスト変えるって言っちゃったから大変だったのよって
言ってたけど、バックのみんなはさすがに一流どころばっかりだから
さらっと素晴らしい演奏。
ゲストは2日ともユザーン。
段ボール製の兜と甲冑着て登場。なんか不機嫌そうで大丈夫かなあ?なんて思ったけど
たぶんそういう顔なんだね(笑)
ずっとライブでできなかったTakedaを。
曲を始めるまでのやりとりも面白く、ユザーンのお母さんとお父さんの名前を
出したりして、ユザーンに「何で知ってるの?怖いよ。」とか言われ。
曲の入りも何度も遊んで。
Takedaが始まってからも池ちゃんが遊ぶからユザーン大変。
「これ一回も成功したことないよね。」って言われる始末です。
面白すぎます。
でユザーン参加の曲、稲穂の日がsalt & stone、キャッツの日が古墳へGO!
私の大好きな蹴鞠ちゃん、稲穂の日は遠いけどバッチリ見えたけど
キャッツの日は元気出せ遣唐使のキーボードに隠れて、顔とスティックの先しか
見えなかったの、悲しい。
とはいえ、かっこいいのは両日ともです!
遣唐使の持ち歌もちゃんとは歌わせてもらいないのもいつものお約束で。
あのイチャイチャは変わりなく繰り広げられてます(笑)

グッズの稲穂、8割がた持っているようで、凄いね。
私は持ち運びが面倒で買わないけど、かなり少数派になってしまった。
で、アンコールは大稲穂さまとやついのキャッツとメンバーの稲穂の妖精。
あの一流どころのミュージシャンが全身緑のタイツ。稲穂の帽子。
可愛すぎです。
楽しすぎるなあ。池ちゃんすごいなあ。
あ、でも蹴鞠ちゃんに嫉妬してるって言ってたなあ。
そりゃそうだよね、かっこいいもん、蹴鞠ちゃん。

nice!(2)  コメント(1) 

レキシ@市川市文化会館 7/27 [音楽(ライブ編)]

記事書こうと思ったら、ヤフーのニュースに
「甲本ヒロトバイク転倒で肋骨鎖骨骨折。」って。
HP見たら、7,8月のライブが10月に振替になってて。
ビックリした。でも骨折で良かったよ。


で、少し涼しくて助かったこの日。
不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち。
ツアーファイナルのようでファイナルじゃないらしいので、
あまり言えませんが。
いつのもごとく最初にスクリーンが出てきて、小芝居見ます。(笑)
ライブは普通にいつものごとく楽しいです。
今回真ん中あたりの全体が見やすい席だったので、蹴鞠ちゃんのかっこいいドラムが
バッチリです。
メンバー紹介のときも、「みんなこの人、目当てなんでしょう?」って池ちゃん。
大きくうなずきますよ、そりゃ。
正人さんにイルカの浮き輪が当たっちゃったり、島流しが尚之っぽさを出してみたり
笑いっぱなしでございました。
お館様、たのしゅうございました。

the pillows @Zepp Tokyo 7/22 [音楽(ライブ編)]

このツアー、2回目。そしてツアー最終日。
なんたってBなので、前の方は諦め。
男子多いから本当に見えづらいわ。

なんかさわおさん、元気だった。
good dreamsがすごく良かったなあ。名曲。

最後にハイブリッドレインボウ。
締めました。

The ピーズ@日本武道館 6/9 [音楽(ライブ編)]

ちょっと早めに行って、グッズ見ようかとおもったら
長蛇の列。萎えまして。^^;
友人とご飯食べて、会場に。
やっぱり撮ってしまった、記念に。
武道館.jpg
入る時、怒髪天の坂さんが入ってゆくのが見えた。
帰りはウエノコウジさんが普通に田安門方向に帰っていくのを目撃。
背が高いからすぐわかっちゃうね。
入場の時、もぎりのおじさんが、良いライブになることを願ってますみたいなことを
言ってくれて、なんか、じんとした。
席はアリーナの後方だったので、招待席にいろんな人かいるのが見えた。
やっぱりみんな見たいよね。


もう会場はなんか幸せな空気が漂ってて。
舞台セットはあのTheピーズのロゴがドーンとバックにあるだけ。
3人もいつものような格好で、特別感は全くないのに、
始まったらもう楽しくて。
ハル君が30周年だから30曲はやりますって、ホントに演ったもんね。
いろんなところからこの瞬間を見に来たんだねえ、武道館に。
幸せそうなハル君と、ニコニコしてるアビさんと、いつも通りのしんちゃんと。
ずーっと終わらないでいて欲しかったなあ。

バンド トモフスキー@渋谷O-WEST 5/28 [音楽(ライブ編)]

ぎりぎりに着いたら、もう後までいっぱいだったよ、やるなあ。
ちょっとだけ前の方にスルッと行かせてもらって。

ピーズの武道館ライブが決まる前に、このライブが決まってて、
こんな直前だとは、申し訳ない的なことをトモフは言っておりました。
とは言え、2週間前にライブハウスの人から、”チケット100枚しか売れてません”
って知らせが入ってたそうで。
お客にトモフが
「みんなもっと早くチケット買ってくれよ!焦るじゃないか。
もう旅に出ようかと思ったよ。」って、苦情を(笑)。

今回のライブは、3曲ずつテーマを決めてたみたいで。
ラップコーナーではハカマダくんと2人、スチャとダラパーですって。笑える。
そのコーナーではしゃぎすぎたのか、汗かいて、
「ちゃんと拭いておかないと、エアコンの風でやられるよ!」ってハカマダくんにアドバイス。
トモフがエアコンに弱くて、寒い寒い言うから、会場もちょっと暖かめ。^^;
あと、ほぼ覚えてませんが、後半の”ギリギリ”コーナー。
スキップ、一人に戻るんだ、あとなんだっけ?(笑)、そのコーナー好きですねえ。
友達少ないとかなんとかの新曲もいいねえ。
トモフは良い。詞も曲もライブも。

the pillows @渋谷O-EAST 5/14 [音楽(ライブ編)]

NOOK IN THE BRAIN TOURです。
なにせ番号がBだったので、入ったらもう中はいっぱいで。
すきまのありそうな下の段の脇の後ろの方で、なんとか。
視界もまあ顔は見えるってところで仕方ないです。

2月にコレクターズの対バンで見た以来。
新曲はあまり知らないですが、古い曲もいろいろやってくれて、
やっぱり楽しいです。
さわおさんは、6月のtheピーズの武道館の衣装まで心配してくれてて、
シンちゃんに、黄色のカラーゲTシャツは着るなよ!って言ってました。
有江っティも”あれは絶望的に似合わない”って言っていたそうで。
その言われっぷりも少し可哀そうな気もしました。

ファニバニとハイブリッドレインボウ、両方演奏するなんて、王道なライブだったなあ。

ハナレグミ@横浜ベイホール 5/12 [音楽(ライブ編)]

ハナレグミ、ワンマン、NHKホール以来久しぶり。
横浜ベイホール意外と遠い。家に着いたの夜中の12時まわってた。^^;

ベイホール、2段になってて、下の段で見てたけど、視界はまあまあ。
けど隣の男性が、足がすぐ疲れるのか、足をこっちに出したり姿勢を変えたりして
ちょっとうざい。ちょこちょこしゃべったり。
あまりライブ慣れしてないのかも。
2人で来てる人が多く、客層で雰囲気わかる。
意外と王道を行ってるのかも。

ライブは大安から始まって。
新旧とりまぜバランスよく。
伊賀さんいじりも恒例らしく、楽しい。
よっしーのドラムも雷さまって言われるくらい、ドンって音が面白かった。
最後に深呼吸。
タカシの声、鳥肌たつくらい好きだなあ。

マゴーソニック2017@EXシアター六本木 5/6 [音楽(ライブ編)]

会場に入ったら、なんだか余裕ある空間(笑)。
チケットあんまり売れなかったのかなあ?
みんなJAPAN JAMに行っちゃったのかなって友人と話したりして。
しかし、楽しむならこっちは負けていないよ。


まだ大阪ライブがあるのでネタばれするので。

続きを読む


真心ブラザーズ@中野サンプラザ 3/4 [音楽(ライブ編)]

『東西たっぷり真心届けます!2017』
毎年恒例のサンプラザ公演。
何周年とかははっきりしないから、いいじゃん?っていうノリで。

最初にメンバー紹介なんだけど、最初にちょっとギター弾いて
それ置いてマイクに持ち替えた桜井君が全員を紹介。
ヨーキングが、”俺が紹介してもよかったんだけど、最初のフレーズ弾けないから~”、って。
ドラムは骨折したビバさん代わりに、女性の山口さん。
スカートでビシバシ叩いてました。


懐かしい曲もいろいろ。
ループスライダーのようこちゃんのコーラスがいいねえ。パフィーとちょっと違う。
三部作からの吉田拓郎さんの流星に続くのも良かったねえ。
桜井君の、あれあれ、あの、あれ歌い終わって、ヨーキングが
「2番の”系でいうとそれ!”っていう歌詞が大好き。俺には書けない。」って
なんだか変なところを褒めてます。
アンコールで真心の恩人、ムッシュかまやつさんのバンバンバンも。
楽しくていい曲。

ああ楽しかったなあ。

くるり@Zepp Diver City TOKYO 2/28 [音楽(ライブ編)]

『くるりの20回転』リリース記念ツアー「チミの名は。」最終日。

ベスト盤っぽい感じになるのかなあ、なんて思っていたらその通り。
ワンダーフォーゲルから始まって、トレイン・ロック・フェスティバルに。
あー素敵。
久しぶりに聞いたBIRTHDAY、やっぱりいい曲。
前に大きい人がいて、ドラムがほぼ見えなかったのが残念だったけど。
サポートギター2人とキーボードも加わって、いろいろできて楽しめる。
岸田君もハンドマイクで楽しそうに歌ったり、佐藤君のベースはよく見えた。

アンコールで岸田君と佐藤君2人だけでの弾き語り。
遥かなるリスボン、と、春風。
いい感じだったなあ。

本当にいいライブだったなあ。
楽しかったなあ。

岸田君が、「みんなCD買わないんでしょ?」なんて言うけど、
買うよーーー。
新しいアルバム作ってください。
前の10件 | - 音楽(ライブ編) ブログトップ