So-net無料ブログ作成
検索選択

レキシ@市川市文化会館 7/27 [音楽(ライブ編)]

記事書こうと思ったら、ヤフーのニュースに
「甲本ヒロトバイク転倒で肋骨鎖骨骨折。」って。
HP見たら、7,8月のライブが10月に振替になってて。
ビックリした。でも骨折で良かったよ。


で、少し涼しくて助かったこの日。
不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち。
ツアーファイナルのようでファイナルじゃないらしいので、
あまり言えませんが。
いつのもごとく最初にスクリーンが出てきて、小芝居見ます。(笑)
ライブは普通にいつものごとく楽しいです。
今回真ん中あたりの全体が見やすい席だったので、蹴鞠ちゃんのかっこいいドラムが
バッチリです。
メンバー紹介のときも、「みんなこの人、目当てなんでしょう?」って池ちゃん。
大きくうなずきますよ、そりゃ。
正人さんにイルカの浮き輪が当たっちゃったり、島流しが尚之っぽさを出してみたり
笑いっぱなしでございました。
お館様、たのしゅうございました。

the pillows @Zepp Tokyo 7/22 [音楽(ライブ編)]

このツアー、2回目。そしてツアー最終日。
なんたってBなので、前の方は諦め。
男子多いから本当に見えづらいわ。

なんかさわおさん、元気だった。
good dreamsがすごく良かったなあ。名曲。

最後にハイブリッドレインボウ。
締めました。

柳家三三 月例@イイノホール 7/20 [お笑い(落語)]

毎日暑いです。
久々の月例。この公演は年齢層高いですね。
一番後ろの席からのんびり見てました。イイノホールは見やすくて良い。

三三さん、ヒアリ騒ぎのことをまくらで話して、ちょっと小噺風にしようとして
失敗。お蔵入りにするそうです。

松竹梅。
松さん竹さん梅さん、3人で若旦那の婚礼の余興やる。
せりふがどうしても覚えられないっていう噺。

わら人形。
これ三三、左龍の会でも聴いた。
甥っ子がフタを開けようかどうしようかって姿がおかしいね。

休憩後
柳家やなぎさん、自由ヶ丘由来。
北海道出身の人で、バスも3時間に一本しか通らないところらしいです。
同級生との落語会の依頼の話が面白かったね。
落語は新作。
雰囲気としては喬太郎さんみたいな。
電車の沿線の噺。

三三さん、粗忽の使者。
談春さんと市馬さんの聴いたことある。
三三さんのも面白い。

春風亭一之輔のドッサりまわるぜ2017@有楽町よみうりホール7/8 [お笑い(落語)]

最近一之輔さん多し。
とにかく昼公演だから、暑いですね、外。ぐったりしながら着きました。

このシリーズは一之輔さんがまず私服で登場して少し喋るのが恒例らしく、
出てきて「船越英一郎です」って、まずは、話題の人の名前を出して。
前回まではゲストがいたけど今回からゲストなしで三席やります、って。
今までのゲストを言っていったら、お客さんがおーーってなったら、
「皆さん昨日今日(のファン)って感じですね?」
「チケット取れなかったら無理することないんですよ、今がピークですから。」って。


開口一番は一蔵さん、この人まくら大体同じ。
娘さんの話。
猫と金魚。

着物に着替えて、一之輔さん、千早ふる
和歌の意味を分からないご隠居さんが、適当にこじつける噺。
好き勝手にやってたなあ。
柳家はちゃんとやってるけど、俺は春風亭だからねー、って。

お見立て。
これは割と聴くなあ。面白いけどね。

休憩後
居残り佐平次。
オープニングで、今日は居残り佐平治やりますって言ったら
お客さんが、ほーー。
チラシに書いてあったでしょう?って一之輔さん。

三三 左龍 二人会@鈴本演芸場 6/29 [お笑い(落語)]

2度目の鈴本演芸場。あの座席のテーブル、バタバタさせると
音が大きいからビックリするんだよね。
始まってからは静かだから、良いんだけど。

開口一番はひしもちさん、ほっそい人。
三三さんが「私が言うのもなんですが、貧相です。」って。
元犬。
三三さんのは何度も聴いたけど、比べたら酷ね。

左龍さん、名刀捨丸。
田舎から出てきた次男。真面目に奉公して10両貯めて、帰郷しようとしたら
盗賊の家に来てしまい、10両盗られた。
その時に獣に襲われたとき用に貰った、錆びついた刀が、奉公先に舞い戻って
旦那さんに見てもらったら、高価なもので、
50両になり、もう一回盗賊の家に行ったら、盗賊が兄だとわかる噺。

三三さん、藁人形。
三三さんの着物が黒の絽で、なんだかお坊さんみたいだなあ、なんて思ったら
そういうお話だった。
女郎さんにお金騙し取られたにわか坊主、うらみで藁人形煮てるって話。

休憩後
三三さん、反対俥。
急いで上野に行きたいお客、人力車に乗るけど、おっそい病人の車夫やら
早すぎて違うところに行っちゃう車夫。
人力車がバウンドしちゃうところ、座布団の上でジャンプしたりして。
一席目とは全然違う雰囲気で、楽しい。

左龍さん、佃祭。
お祭り見に行って、最終の渡し船に乗るはずが、昔助けた女性に引き留められ
乗れず。けどその乗るはずの船が沈んでしまい。
店ではお葬式まで出ちゃってるという噺。
左龍さんの与太郎は可愛い。