So-net無料ブログ作成

柳家三三 独演スペシャル公演@イイノホール [お笑い(落語)]

私にとって今年最後の落語。

弟子の小かじさんが開口一番。
出来心。
新米の泥棒が、何にもない家に入って、おじやだけ食べて
何にも取らないうちに、家の人が帰って来てしまって、
縁の下に隠れるけど、いろいろ取ったことにされてしまうという。

三三さん。
まくらで小かじさんが、前座のときの失敗やらを話したことを受けて。
最近の若い人は鼻濁音を使い分けられなくて、稽古のときに大変だったと。
蛾がいる、の”蛾”と”が”は違うことを教えるのに時間がかかったようです。
EXILEメンバーが雪道で事故ったことを受けて、三三さんも以前
北海道での公演のときに、稚内でスリップ事故に遭ったという。
危ないですねー。
二番煎じ。
火の用心の夜回り、2組に分けて、一回りしたら番屋で一杯。
お役人が来ても、薬湯です。(笑)


文七元結
なんとなくあらすじは知っていたけど、きちんと聴いたの初めてで。
借金まみれの父親のために、吉原で金を作った娘おひさ。
50両のお金を持って帰るところ、身投げをしようとする手代。
訊けば、代金を取りに行った帰り、スリに遭って50両なくした。
主人に申し訳ないから身投げしてお詫びするって。
何度も身を投げようとする手代文七に
「生きろっ!!」
泣いてしまったよ。
間、腰巻もつけてないおかみさんとのやりとりなんかはおかしくて。
泣き笑い。
三三さん、良かったわーー。
いい年末です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0